両替業のMercuryFXと送金のIDT Corporationがリップル採用

まとめ

ゲダツです。

MercuryFXは2007年に設立された外貨両替取引の会社。IDT Corporationは決済サービスの会社ですね。

xrapidというシステムで、今までの送金システムの常識を覆すってことで浸透してきています。

使う、ということに焦点をあてているので、価格は今後上がりますが、できるだけ爆上がりしないようにというのがリップルの方針でしょう。

それでも大量のお金がリップルに流れめば、どうしても一瞬の爆上がりは避けられないと思いますので、買うなら今のうち。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ゲダツ(中の人)

仮想通貨で億り人手前です。暇なのでツイートまとめつつアフィリエイト中。まだまだどの通貨買っても儲かるけど、これからならリップルにしといてください。あと、何年も円に戻さないので余裕資金でやってください。家賃とか稼ごうとすると大概アウト!です。